わかりやすいモバイルブロードバンドプロバイダ@nifty Mobile BB

@nifty Mobile BB

 @nifty(アット・ニフティ)が提供するモバイルブロードバンドである @nifty Mobile BB をご紹介します。

 @nifty Mobile BB は、イーモバイルの MVNO(Mobile Virtual Network Operator) です。つまり、イーモバイルから通信インフラを借り受けてサービスを提供している提供業者です。

 基本的に HSPA 対応で、HSPA+ には対応していません。 通信速度は、下り最大 7.2Mbps、 上り 1.4Mbps です。
 他のイーモバイル系 MVNO に比べて、上り速度が遅いです。

 イーモバイルの MVNO なので、人口カバー率もイーモバイル同様 90% 以上です。ほとんど日本全国繋がります。

 私が @nifty Mobile BB ををおすすめするタイプの方は以下の条件のどれかに当てはまる方です。

 @nifty Mobile BB の特徴は、人口カバー率が高く、定額制通信料金の価格が安い点です。(料金体系については、後述します。)
 その代わり、HSPA+ に対応していないので、都市部ではEMモバイルブロードバンドに比べて通信速度が遅くなります。
 しかし、HSPA+ の基地局はまだ都市部にしか普及していないので、地方や都市部郊外では、仮にEMモバイルブロードバンドを選択したとしても、通信速度は HSPA の下り最大 7.2Mbps になります。
 つまり、地方や都市部郊外でモバイルブロードバンドを利用する人にとっては、どのプロバイダを選択しても、通信速度は HSPA の下り最大 7.2Mbps になります。
 通信速度が同じならば、安い方が良いでしょう。

 以下のタイプの方にはおすすめできません。

 以上の方には、@nifty Mobile BB はおすすめしません。EMモバイルブロードバンドをおすすめします。

 EMモバイルブロードバンドが HSPA+ で接続できる地域は、以下のサイトで確認できます。
 EMモバイルブロードバンドのサービスエリア
 このエリアマップは、HSPA+で接続できるエリアと HSPA で接続できるエリアが両方分かります。
 21Mbpsで接続できるエリアが、HSPA+対応エリアです。7.2Mbpsで接続できるエリアが HSPA 対応エリアです。
あなたの地域が、もしHSPA 対応エリアで、HSPA+ 未対応であるならば、@nifty Mobile BB をおすすめします。
 もし HSPA+ 対応エリアであれば、EMモバイルブロードバンドをおすすめします。

料金体系

 @nifty Mobile BB の料金体系は、3種類あります。従量制が2つと定額制です。
 従量制の名称は 二段階定額にねんプラン二段階定額いちねんプラン となります。
 定額制の名称は 定額いちねんプラン となります。

料金コースの通信速度

 3つの料金体系は、それぞれ上りの通信速度が違います。
 二段階定額にねんプラン は、上り最大 1.4Mbps になります。
 二段階定額いちねんプラン定額いちねんプラン は、両方とも上り最大 384kbps遅くなっています。
 下り通信速度は、全て最大 7.2Mbps となります。

料金コースの契約期間と契約解除料金

 二段階定額にねんプラン は、2年単位の契約になっています。2年ごとに契約は自動更新されます。
 2年以内に解約した場合は、17,850円契約解除料金 を支払わなければなりません。
 3年目以降の契約解除料金は割安になり、3,150円 になります。

 二段階定額いちねんプラン は、1年単位の契約になります。1年ごとに契約は自動更新されます。
 1年以内に解約した場合は、12,600円契約解除料金を支払わなければなりません。
 2年目以降の契約解除料金は割安になり、6,300円 になります。

 定額いちねんプラン は、1年単位の契約になります。1年ごとに契約は自動更新されます。
 1年以内に解約した場合は、12,600円契約解除料金を支払わなければなりません。
 2年目以降の契約解除料金は割安になり、6,300円 になります。

初期費用

 二段階定額にねんプラン の初期費用は2つの料金からなります。
 登録手数料データ通信カードの価格 です。
 登録手数料 は現在キャンペーン期間中で 無料 になっています。0円 です。
 データ通信カードの価格 は、データ通信カードの種類によって違います。データ通信カードはユーザーが自由に選ぶことができます。
 現在、2種類のデータ通信カードが提供されています。D25HWD22HW です。
 D25HW は、本来 39,580円 のところ、キャンペーンにより 15,580円 に値引きされています。
 D22HW は、本来 36,980円 のところ、キャンペーンにより 1円 に値引きされています。
 よって、二段階定額にねんプラン の初期費用は、
D25HW を選べば、 15,580円 になります。
D22HW を選べば、 1円 になります。

 二段階定額いちねんプラン の初期費用は 登録手数料 のみとなっています。
 登録手数料 は現在キャンペーン期間中で 無料 になっています。0円 です。
 データ通信カードはレンタルになっており、毎月 420円〜630円ほどレンタル料金を支払う料金体系になっています。
 データ通信カードのレンタル料金は、ユーザーが選んだデータ通信カードによって異なります。
 D02HWD02NE の2つが提供されており、レンタル料金は、
D02HW が、毎月 420円 となっています。
D02NE が、毎月 630円 となっています。
 よって、二段階定額いちねんプラン の初期費用は無料となります。

 定額いちねんプラン の初期費用は 登録手数料 のみとなっています。
 登録手数料 は現在キャンペーン期間中で 無料 になっています。0円です。
 データ通信カードはレンタルになっており、毎月 420円〜630円ほどレンタル料金を支払う料金体系になっています。
 データ通信カードのレンタル料金は、ユーザーが選んだデータ通信カードによって異なります。
 D02HWD02NE の2つが提供されており、レンタル料金は、
D02HW が、毎月 420円 となっています。
D02NE が、毎月 630円 となっています。
 よって、定額いちねんプラン の初期費用は無料となります。

月額料金

 二段階定額にねんプラン二段階定額いちねんプラン の通信料金は、毎月ダウンロードしたデータの総合計バイト数によって変わります。データのバイト数には基本バイト数上限バイト数が有ります。
 通信料金では基本料金上限金額が設定されていますが、ダウンロードしたデータのバイト数が基本バイト数以内であれば、その月の通信料金は基本料金だけとなります。
 基本バイト数を超えるバイト数のデータをダウンロードした場合は、基本バイト数を超えたバイト数分だけ通信料金が高くなります。
 ダウンロードしたデータのバイト数が、上限バイト数を超えた場合は、上限金額がその月の通信料金になります。それ以上どれだけデータをダウンロードしても通信料金は上限金額を超えることはありません。

 通信料金とバイト数は以下のようになっています。

料金プラン 基本料金 上限金額 基本バイト数 上限バイト数
二段階定額にねんプラン 1,260円 5,145円 約3MB 約12MB
二段階定額いちねんプラン 1,260円 5,985円 約1.8MB 約9MB

二段階定額いちねんプランの場合、上記の金額にデータ通信カードのレンタル料金が追加されるので、基本料金上限金額は以下のようになります。

データ通信カード カードのレンタル料金 基本料金 上限金額
D02HW 420円 1,680円 6,405円
D02NE 630円 1,890円 6,615円

 上限バイト数9MB〜12MB しかありませんから、1時間もインターネットを利用していれば、簡単に上限バイト数を超えてしまいます。
 従量制は「上限金額の定額制」と考えた方がよいです。

 定額いちねんプラン の通信料金は、定額制なので毎月 4,830円となります。
これに毎月データ通信カードのレンタル料金が追加されるので月額料金は以下のようになります。

データ通信カード カードのレンタル料金 月額合計料金
D02HW 420円 5,250円
D02NE 630円 5,460円

<前のページへ戻る  :  次のページへ進む>



mobile broadband