わかりやすいモバイルブロードバンドプロバイダEMモバイルブロードバンド

イーモバイル:EMモバイルブロードバンド

イーモバイル・オンラインストア

 イーモバイルの提供するモバイルブロードバンドである EMモバイルブロードバンド をご紹介します。
 私のおススメのモバイルブロードバンドです。

 EMモバイルブロードバンド は、MNO(Mobile Network Operator) です。つまり、イーモバイルが自ら通信インフラを所有し、サービスを提供しています。

 MNOなので、イーモバイルの最新技術に対応しています。
 EMモバイルブロードバンドは、HSPA+ 対応で、下り最大 21Mbps の通信速度に対応しています。
 2010年12月3日にはDC-HSDPA 対応のサービスも始まりました。下り最大 42Mbpsになります。
 人口カバー率は 90% 以上です。ほとんど日本全国繋がります。

 カバーエリア(接続できる地域)は以下のサイトで確認できます。
 EMモバイルブロードバンドのサービスエリア

 契約時の注意点として、最初にデータ通信カードを購入するのですが、データ通信カードは複数の種類があり、「全てが HSPA+DC-HSDPA に対応しているわけではない」という点に注意してください。HSPA 対応(HSPA+未対応)のデータ通信カードも有ります。
 HSPA+ を利用したい方は、HSPA+ 対応のデータ通信カード(D31HW)を選択してください。
 DC-HSDPA を利用したい方は、DC-HSDPA 対応のデータ通信カード(D41HW)を選択してください。

 EMモバイルブロードバンドは、通信料金の体系が少々複雑でわかりにくいです。以下に解説します。

購入時支払額と月額通信料金

 EMモバイルブロードバンド契約時に2つの料金を支払わなければなりません。契約開始時に一度だけ支払う 購入時支払額 と、毎月支払う 月額通信料金 です。
 EMモバイルブロードバンドを利用するには、テータ通信カード を購入しなければなりません。購入時支払額 とは、この テータ通信カード の価格です。

購入時支払額の料金体系

 テータ通信カード にはいくつか種類があり、種類によって価格が違います。HSPA+ 対応のテータ通信カードは価格が高く、たとえば D31HW というテータ通信カードの価格は 4万1980円 となります。
 テータ通信カードの価格が高いことは、イーモバイルにとってもサービスを販売していく上で「売り難い」原因になります。
 そこでイーモバイルでは、テータ通信カードの価格を低く抑えることが可能な料金プランを用意しています。
 2年間継続してEMモバイルブロードバンドを利用することを約束することで、数万円の割引を受けることができます。この割引サービスのことを 長期契約割引 と呼びます。
長期契約割引 は以下の 6種類 があります。

長期契約割引コース
にねんS 21,600円割引
新にねん 24,000円割引
にねんM 33,600円割引
にねん 48,000円割引
にねんL 57,600円割引
にねんMAX 69,600円割引

 基本的にデータ通信カードの価格を超える割引は受けられません。
 先に紹介した価格41,980円D31HW というテータ通信カードの場合は、にねんS新にねんにねんM の3つしか選択できません。
 また、新にねんにねんは、2010年12月31日で終了します。現在イーモバイルでも広告されておりません。

 実際には、上記の割引金額以上の割引を受けられます。たとえば D31HW の場合、価格は 41,980円 です。 にねんS で契約した場合、21,600円 の割引を受けることになりますから、購入時支払額 は、20,380円になるはずですが、実際は 1円 になっています。
新にねん で契約した場合、24,000円 の割引を受けることになりますから、購入時支払額 は、17,980円になるはずですが、実際は 15,580円 になっています。
 また、にねんM の場合、割引額は 33,600円 ですから、購入時支払額8,380円 になるはずですが、実際は 5,980円 です。

 つまり、2年契約を約束すれば購入時支払額は、
にねんS契約の場合、1円に、
新にねん契約の場合、15,580円に、
にねんMの場合、5,980円 と割安な価格になります。

 では、長期契約割引 の割引金額にはどんな意味があるのでしょう?
 それは、中途解約した場合の 契約解除料金 の金額が 長期契約割引 と同じなのです。

契約解除料金

 EMモバイルブロードバンドは、2年間継続して契約することを約束すれば、初期費用(購入時支払額)を割安にすることができます。
 しかし、2年以内に中途解約した場合、つまり約束を破った場合は、契約解除料金 を支払わなければなりません。
 契約解除料金 の最大金額は 長期契約割引 の金額と同じです。
 契約解除料金 は契約を開始してから毎月千円から2千円ほど安くなっていきます。
 たとえば にねんM の場合、契約してから1ヶ月以内に解約した場合、33,600円契約解除料金 を支払わなければなりません。2ヶ月目に解約した場合は、32,200円6ヶ月目に解約した場合は、26,600円1年目に解約した場合は、18,200円契約解除料金 を支払わなければなりません。
 長期契約割引 を利用する方は、この点にくれぐれもご注意ください。

月額通信料金の料金体系

 EMモバイルブロードバンドの月額通信料金体系は、HSPA と HSPA+, DC-HSDPA とで異なります。大きく分けて、それぞれ 2種類の料金体系に分けることができます。

 一つは上限金額の設定された従量制です。
 もう一つは定額制です。

 従量制の通信料金は、毎月ダウンロードしたデータの総合計バイト数によって変わります。データのバイト数には基本バイト数上限バイト数が有ります。
 従量制では基本料金上限金額が設定されていますが、ダウンロードしたデータのバイト数が基本バイト数以内であれば、その月の通信料金は基本料金だけとなります。
 基本バイト数を超えるバイト数のデータをダウンロードした場合は、基本バイト数を超えたバイト数分だけ通信料金が高くなります。
 ダウンロードしたデータのバイト数が、上限バイト数を超えた場合は、上限金額がその月の通信料金になります。それ以上どれだけデータをダウンロードしても通信料金は上限金額を超えることはありません。

 従量制の料金プランは、HSPA と HSPA+, DC-HSDPA で、それぞれ以下の3種類があります。

HSPA の場合(下り 7.2 Mbps)-にねんS
料金プラン 基本料金 上限金額 基本バイト数 上限バイト数
スーパーライトデータプラン 900円 4,980円 3MB 14MB
バリューデータプラン 2,580円 5,580円 300MB 335MB
ギガデータプラン 3,580円 5,580円 1,000MB 1,023MB

HSPA+ の場合(下り 21 Mbps)-にねんS
料金プラン 基本料金 上限金額 基本バイト数 上限バイト数
スーパーライトデータプラン21 900円 5,980円 3MB 17MB
バリューデータプラン21 3,580円 6,580円 300MB 335MB
ギガデータプラン21 4,580円 6,580円 1,000MB 1,023MB

DC-HSDPA の場合(下り 42 Mbps)-にねんS
料金プラン 基本料金 上限金額 基本バイト数 上限バイト数
EMOBILE G4
スーパーライトデータプラン
900円 5,980円 3MB 17MB
EMOBILE G4
バリューデータプラン
3,580円 6,580円 300MB 335MB
EMOBILE G4
ギガデータプラン
4,580円 6,580円 1,000MB 1,023MB

DC-HSDPA の場合(下り 42 Mbps)-にねんM
料金プラン 基本料金 上限金額 基本バイト数 上限バイト数
EMOBILE G4
スーパーライトデータプラン
1,400円 6,380円 3MB 17MB
EMOBILE G4
バリューデータプラン
3,980円 6,980円 300MB 335MB
EMOBILE G4
ギガデータプラン
4,980円 6,980円 1,000MB 1,023MB

 ※ 上記の金額は「長期契約割引」が「にねんS」の場合の価格です。
  最後(4つ目)のは、「長期契約割引」が「にねんM」の場合の価格です。
<注意!>イーモバイルの販売サイトでは、ギガデータプラン21の上限バイト数が1,023GBと記述されていますが、これは間違いです。
正しくは、1,023MB です。同時に記述されているパケット数を確認すれば理解できます。

 定額制の料金プランは、HSPA と HSPA+, DC-HSDPA それぞれ以下の2種類があります。

HSPA の場合(下り 7.2 Mbps)-にねんS
料金プラン 月額料金
データプラン 4,580円
データプランB 3,880円

HSPA+ の場合(下り 21 Mbps)-にねんS
料金プラン 月額料金
データプラン21 5,580円
データプラン21B 4,480円

DC-HSDPA の場合(下り 42 Mbps)-にねんS
料金プラン 月額料金
EMOBILE G4 データプラン 5,580円
EMOBILE G4 データプランB 4,480円

DC-HSDPA の場合(下り 42 Mbps)-にねんM
料金プラン 月額料金
EMOBILE G4 データプラン 5,980円
EMOBILE G4 データプランB 4,880円

 後ろに「B」のついた「データプランB」と「データプラン21B」は、一ヶ月に通信できるデータ量に5GBの上限があるプランです。
 上限があることにより、通信料金が割安になっています。
 「データプラン」と「データプラン21」,「EMOBILE G4 データプラン」は、上限がありません。無制限です。

※ 上記の金額は「長期契約割引」が「にねんS」の場合の価格です。
 最後(4つ目)は、「長期契約割引」が「にねんM」の場合の価格です。

 従量制と定額制のどちらが特かを考えた場合、多くのユーザーは毎日モバイルブロードバンドを利用すると思います。その場合、すぐにダウンロードしたデータの総バイト数は上限バイト数に到達してしまいます。つまり HSPA の場合、毎月4,980円〜5,580円、HSPA+ の場合、毎月5,980円〜6,580円の上限金額を支払うことになってしまいます。
 毎日利用する方は、定額制(HSPA なら 4,580円、HSPA+ なら 5,580円)を利用した方がお得だと思います。
 定額制にも2種類の料金体系があります。データプランとデータプランB です。データプランは通常の定額制ですが、後ろに「B」の付くデータプランB は、一ヶ月にダウンロードできるデータのバイト数に最大5GBの上限が設定されており、それ以上通信できません。
 「最大5GB」と言う数字はかなり大きな数字です。大多数のユーザーは一ヶ月に5GBものデータをダウンロードしないと思われます。
 よって、私は定額制では、「データプランB」をおすすめします。
 よく考えて料金プランを選んでください。

おすすめの料金プラン

 ほぼ毎日、EMモバイルブロードバンドを利用して、なおかつ 2年間継続して契約できるのならば、料金プランは定額制の データプランB 又は データプラン21B を、長期契約割引 には にねんS がおすすめです。  データプラン21B & にねんS の料金プランならば、価格は以下のようになります。
 DC-HSDPA に関しては、初期投資が少ない方が良いならば、長期契約割引 には にねんM がおすすめです。
月額料金が少ない方が良いならば、長期契約割引 には にねんS がおすすめです。

HSPA (D26HW)
データプランB & にねんS
初期費用(購入時支払額) 1円
月額料金 3,880円

HSPA+ (D31HW)
データプラン21 & にねんS
初期費用(購入時支払額) 1円
月額料金 5,580円

DC-HSDPA (D41HW)
EMOBILE G4 データプランB & にねんS
初期費用(購入時支払額) 19,980円
月額料金 4,480円

DC-HSDPA (D41HW)
EMOBILE G4 データプランB & にねんM
初期費用(購入時支払額) 7,980円
月額料金 4,880円

EMモバイルブロードバンドの契約は、以下の イーモバイル・オンラインストア で申し込みできます。

イーモバイル・オンラインストア


<前のページへ戻る  :  次のページへ進む>

mobile broadband