わかりやすいモバイルブロードバンドモバイル通信入門公衆無線LAN

公衆無線LAN

 公衆無線LAN は無線LANの一種です。使用される技術も無線LANと同じものです。
 数百から数千のアクセスポイントを使用して、街中でインターネットへの接続が可能になる広域ネットワークを実現しているのが、公衆無線LAN です。

 公衆無線LANは、企業や地方自治体によって提供されるため、利用するにはプロバイダとの契約が必要です。
 通信料金は、安いもので月5百円ほど、高いもので月2千円程度です。ほとんどが定額制です。

 通信速度は、最大 54Mbps のものが多いです。ADSL並みの高速通信が可能です。

 欠点は、接続できる場所が少ないことです。公衆無線LAN提供業者の多くは大都市圏のオフィス街にアクセスポイントを設置しており、住宅地や地方では使用できないサービスが大半を占めます。  利用できる場所は以下のような場所になります。

 もう一つの欠点は移動体通信に対応していないということです。
移動中の車両の中や、電車の中でインターネットを利用することはできません。
例外的に新幹線の中では使用できますが、これは特別です。新幹線では、線路沿いに多数の無線中継器が敷設されており新幹線車内のアクセスポイントと無線中継器を経由して通信が可能になっています。
 公衆無線LANでは、新幹線のように特別な装置を設置していない移動体では、インターネットに接続できません。
 移動中にタクシーの中や電車の中でインターネットを利用したいという方にはおすすめできません。

<前のページへ戻る  :  次のページへ進む>

mobile broadband